2008年06月18日

やれやれだぜ

それは読まずに言っているのか、読む気がないのか、読んでなお理解できないのか一体どれだ?
幻影随想: ウォーターエネルギーシステムの中身が予想以上にしょぼくて脱力した件
おまけにあのコメント内容でエネルギー保存則やエントロピーの法則を理解しているつもりとは、一体どう返事したものやら。
 
 
 

アレを見て眩暈を感じながらふと思ったことだが、こういうビリーバーさんって、
フレーム問題をうまく処理できないせいで論理的判断を誤るんじゃないだろうか。
フレーム設定がうまくできないから判断を下せないし、判断を下せないから適当な理由をこじつけて信じたいものを信じる。
「可能性は否定できません」って、そりゃ単に判断に必要な情報やロジックを持っていません、もしくはその取捨選択ができませんと言っているだけ。
普通はそこで「判断不能」という決済印を押してペンディングにするなり忘却の彼方に放り込んだりするものなのだが。

それを「信じたい」一心で暴走して俺様論理を持ち出すから、「水の総量が0.001gでも減っていればアインシュタインの理論により」とか「エントロピーの法則無視」とか明後日の方向に飛んでいってしまうんじゃなかろうか。
そして問題はこの際にビリーバーが、自分の持ち出した俺様論理や論理飛躍に対しとことん無自覚なこと。
何の脈絡もなく核エネルギーとか持ち出すあたり常温核融合系のトンデモさんにも通じるものを感じるが、水0.001gがエネルギーに変わったら、約90000000KJ(TNT換算で約21.5トン分)だぞ。軽くビルの二つや三つ吹っ飛ばしてまだおつりが来るっつーの。


「否定できない」ものなんざどうでもいいんだよ。
そんなものただの"God of the gaps"でしかないんだから。
一休さんの屏風のトラ問答じゃないんだから、「肯定できる」ものを持って来いと。


ところで今回の人、某県の高校からの書き込みなんだよな。
生徒ならまだしも、これが教師の書き込みだったりした日にゃ('A`)ヴァーな感じだ。
posted by 黒影 at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | observation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントの推移をニヤニヤしながら見てましたが、逃げ口上が稚拙すぎて脱力しまくりました。
自分が間違っていることを認識した上で、その記憶を自分で消去して、過去の発言から逃げ道を探しているだけですね…。

足りないのは知識ではなくて、メタ認知能力ではないのかと小一時間。

#「お前は次に、今日はこの辺で勘弁しといたるわ!と言う…」
#「今日はこの辺で勘弁しといたるわ!…ハッ!」
Posted by | 冫、)ジー at 2008年06月22日 13:19
>| 冫、)ジーさん
同意。
あまりに情けなさすぎて相手にする気も失せました。
Posted by 黒影 at 2008年06月24日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック