2008年06月26日

怪しげな詐欺メールが来た。

最近ブログに載せているメールアドレスにスパムが増えていて困っている。
特に多いのがyahoo.comドメインから来るスパムで、フィルターをかけてゴミ箱に直行するようにしていたのだが、うざいのでとうとう受信拒否するようにした。
これでようやく一安心と思っていたら、今度はなんか変なメールが来るようになった。
どう見ても詐欺メールなので、Google対策のため晒しておく。
 
 
 
さて、今回来たメールはこんなのだ。
遺産相続詐欺の片棒を担がないかという典型的なネタ。
名前も出していないブログ用アドレスに送ってくるあたりが実に笑える。
おそらく連絡を取ったカモに小金をせびってそのままトンズラするタイプと思われる。

Memo:



From: Bar. Thomas D. Malcolm
3 Verulam Buildings Gray's Inn, London WC1R 5NT,
Fax: + 44-207-9006601
Subject: Business Proposal/Partnership Investment

ATTN: PRESIDENT/OWNER,

I am Barrister Thomas David Malcolm, the personal Attorney to Mr. Yoshimichi Yamashita, a national of your country (Japan) who used to work with Kutner Associates Company in London. On the 2nd of April 2007, my client, his wife and their three children were involved in a car accident along Manchester Express Road.

All occupants of the vehicle unfortunately lost their lives. Since then I have made several enquiries to Japanese Embassy to locate any of my client's extended relatives, this has also proved unsuccessful. After these several unsuccessful attempts, I decided to trace his relatives to locate any member of his family but to no avail. Since it's not compulsory that the next-of-kin must be a blood relation to the deceased, hence I contacted you. Be informed that a next-of-kin can be anybody, your friend or organization (Charity Organization).

I have contacted you to assist me in repatriating the money left behind by my client before they got confiscated or declared unserviceable by the Bank where these huge deposits were lodged. Particularly, the Bank where the deceased had an account valued at about US$18.5M has issued me a notice to provide the next-of-kin or have the account confiscated within the next ten official working days. Since I have been unsuccessful in locating the relatives for over a Year now, I now seek your consent to present you as the next of kin of the deceased since you are from the same country, so that the proceeds of this account valued at US$18.5M can be paid to you and then you and I can share the money; 40% to me and 60% to you,

I have all necessary legal documents that can be used to back up your claim as the next-of-kin, all I require is your honest co-operation to enable us see this transaction through. I guarantee that this will be executed under a legitimate arrangement that will protect you from any breach of the law.

Please get in touch with me immediately you acknowledge the good receipt of this Fax via fax No. +44-207-9006601 or call me on my Direct Phone NO: +44-207-7484330

Anticipating your prompt response.

Best Regards,

BAR. THOMAS D. MALCOLM (Esq)

英語は分からんという人は、こっちに日本語訳があるのでどうぞ。
論談:目安箱
4年前には既に存在したネタなんだなあ。
あちこち微妙に数字が変わっているのが面白い。


以下にこのメールが詐欺スパムだと見抜くためのポイントを簡単に指摘しておく。

1.メールのタイトルと中身のギャップ
今回私のところに来たメールのタイトルは「Re: Memo」だった。
そして文中にあるSubjectは「Business Proposal/Partnership Investment」
で、中身がこれだろ?
とりあえず中身の確認をしてみたくなるタイトルで引っ掛けて、
おいしい話に何も考えずに食いつくカモを釣り上げるのがこの手の詐欺師の手口。
ちょっと調べればすぐにばれる程度の話なので、引っ掛かる人間は相当間抜けだけどな。

2.宛先人の名前が出てこない
文中に宛先人の名前がまったく出てこない点も判断のポイントの一つ。
初対面の相手にメールを送る場合、それもこういう内容なら、相手の確認のために必ず相手の名前を入れるものだ。にもかかわらずこのメールには送り先の名前がない。
もちろんこれはメールを不特定多数に配信することを前提にしているからに他ならない。

3.法に触れるおいしい話
文中では「これは法に触れない」と書かれているが、当然そんなものは嘘っぱち。
騙されたカモは恥ずかしくて訴えでようにもでられないことになるようになっている。


このスパム、引っ掛かる人間いるのかねえ?
英語を読める日本人というのはかなりの教養階級なわけで、
そうそうこの程度の詐欺には引っ掛からんと思うのだが。
posted by 黒影 at 22:18| Comment(1) | TrackBack(0) | ネット雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕にも来ました!
貴方のUS$18.5M can be paid to you and then you and I can share the money; 40% to me and 60% to you, のところが、僕の場合はUS$18.5M can be paid to you and then you and I can share the money; 60% to me and 35% to you, でした。

怖いですよね。1
Posted by Keno31o at 2010年01月09日 12:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック