2008年07月27日

福岡批判への反応が面白い件

本館の福岡批判への反応が面白い

特にここらへんとか
茂木さんを「駄目」と決め付ける人ってやっぱりいるんだね(追記あり)(追記2あり) - 諏訪耕平の研究メモ
はてなブックマーク - 茂木さんを「駄目」と決め付ける人ってやっぱりいるんだね - 諏訪耕平の研究メモ
はてなブックマーク - 幻影随想: 福岡伸一氏の書く文章が到底見過ごせないレベルで酷い件 その1―今西進化論の亡霊―

二番目のリンクのはてブが特によい。
あまりにいつもの流れすぎて思わず吹いた。


<追記>
dlitさんからTBをもらったので、ちょいと補足してみた。

上記のリンク先は、以前書いた「疑似科学と『空気の研究』」と合わせて読むとなお面白い。
幻影随想: 疑似科学と「空気」の研究(その2)
同時にわれわれは、自らの手で、このような形で言葉を形成したことはなかった。言葉は常に黙示的伝達の手段であった。これは、日本の批評にも現れており、論争の際でも相手の言葉の内容を批評せずに、相手に対するある種の描写の積み重ねで、何らかの印象を読者すなわち第三者に与え、その印象に相手を対応さすことによって、その論争に決着をつけてしまおうとする。この結果生じたのが「世界でもっとも罵詈讒謗に弱い」という批評を受ける状態であった。いわばある種の情況を創出されることを極端に恐れ、その情況による人びとの心的転換を恐れるという態度である。

諏訪氏のエントリがこの「空気の議論」のまさに好例となることが分かるだろうか。
はてなブックマークに何人か「印象操作」とコメントしていた人がいて、確かにそのとおりなのだが、空気の世界に暮らすことに無自覚な人は、往々にして自覚がないままにこれをやる。

『論争の際でも相手の言葉の内容を批評せずに、相手に対するある種の描写の積み重ねで、何らかの印象を読者すなわち第三者に与え、その印象に相手を対応さすことによって、その論争に決着をつけてしまおうとする。』こと、すなわち『空気を操作する』ことこそが、彼らにとっての議論であり、発言をいちいち検証してツッコミを入れるなんていうのは、彼らにとっては反則に等しいイヤラシイ行動なのである。なぜなら彼らはそのフィールドで反撃することができないから。


「まともじゃない」というような強い言葉を「空気の住人」が忌み嫌うのも、根は同じだ。
空気の世界に生きる彼らにとっては、「まともじゃない」という強いネガティブな評価を崇拝対象に張り付けられたことこそが問題なのであって、その評価が対象にふさわしいかどうかの議論は些事、というよりも、そういったことをファクトベースで議論しようという習慣がそもそもない。
そして、論理をベースに「まともじゃない」という評価を貼られると、彼らにはそれをはがす手立てがない。だから「反則」なのである。彼らにとっては。
諏訪氏の発言にある「デブにデブって言うのは〜」なんかは、実に分かりやすい。

こちらとしては、福岡氏を「まともじゃない」と判断するその根拠に対する反論がこないことには、「ああ、またいつものか」程度にしか感じないのだが。

あとどうでもいいことだが、何でわざわざタイトルに茂木氏の名前を持ってきたのだろうか?
せっかく私のエントリには名前が出ていなかったものを、わざわざ自分で同類認定することもあるまいに。

幻影随想: 疑似科学と「空気」の研究(その1)
幻影随想: 疑似科学と「空気」の研究(その2)

posted by 黒影 at 20:35| Comment(2) | TrackBack(1) | observation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まともじゃない…この表現もそうであるが、

黒影くんの良く使う…お呼びじゃない…という表現はそれ以上だと思うね^^
Posted by お呼びじゃないのだ 連中は at 2012年08月22日 09:00
まともじゃない

お呼びじゃない

同じレベルの言葉使いじゃないかな^^

>論争の際でも相手の言葉の内容を批評せずに、相手に対するある種の描写の積み重ねで、何らかの印象を読者すなわち第三者に与え、その印象に相手を対応さすことによって、その論争に決着をつけてしまおうとする。』こと、すなわち『空気を操作する』ことこそが、彼らにとっての議論であり、発言をいちいち検証してツッコミを入れるなんていうのは、彼らにとっては反則に等しいイヤラシイ行動なのである。なぜなら彼らはそのフィールドで反撃することができないから。


正に、黒影の事だな^^

Posted by お呼びじゃないのだ. 連中は at 2012年08月22日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103704005
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[学問][言葉][雑記]表現内容と表現方法
Excerpt:  詳細は以下のエントリから色々辿ってみてください。 幻影随想 別館: 福岡批判への反応が面白い件  あと、この件に関してはすでにTAKESANさんがわかりやすいエントリをお書きなので、そちらもどうぞ..
Weblog: 思索の海
Tracked: 2008-07-28 15:51