2007年11月06日

ちょっと魚拓を取っていたのだが

そろそろ潮時かと思ったので、
コタツに浸かってまったり仕事の疲れを癒しつつ、
いつ変化があってもいいよう魚拓を取っていたのだが、
以下の部分にツボってミカンの汁でむせてしまった。
 
 
 
(魚拓)科学的思考 - 3歩先の経済学
科学的思考とは突き詰めると常に「自分が間違っている可能性がある」と認識し続けることです。そのためには常に自己を見つめなおし、他者からの批判を聞く姿勢を持ち続けなければなりません。この点において僕はNATROMさんを高く評価しています。

批判を聞き入れる姿勢を維持は以下のサイクルを続けることです。

・批判の内容を理解する。
・批判が正しいと判断すればその内容を受け入れる。
・批判が正しくないと判断すれば反論する。

しかし人間は間違った判断をするリスクを常に持っていますし、批判に対して感情的な反論をするリスクも持っています。このリスクをマネージするためには以下の原則が必要です。

・批判・反論の内容を第三者に検証してもらう。
・過去に自分が間違った意見を言っていた場合は、それを訂正する勇気を持つ。
・他人が過去に間違った意見を言っていても、今回の意見が正しいならばそれを正当に評価する。
・自分が感情的になることを完全に回避できるものではないと認識する。
・相手が感情的になることを非難しすぎない。

これらの原則のうちのどれが欠けたとしても、その人は科学的思考はできません。もちろんその場合でも正しい理論を構築できる可能性はあるのですが、非常に打率の低いものになることは間違いないでしょう。

逆に言うと、これらの科学的思考のための原則を守っていれば、どんなに論理的思考能力が低くてもいつの日か真理にたどりつくことができるでしょう。

まああれだ、言行不一致なんて別に珍しくもないよな。
にんげんだもの。
とりあえず彼が既に自分の書いたことをすっかり忘れているだろうことは容易に理解できる。
彼に今必要なのは、「ちょっと落ち着け」とブレーキをかけてくれる第三者の存在だろうね。


とりあえず収穫物
(魚拓)ノウハウ直接知財 与太理論の流通 その1 - 3歩先の経済学
http://s01.megalodon.jp/2007-1023-0956-21/d.hatena.ne.jp/shinpei02/20070412/1176369503
(魚拓)ノウハウ直接知財 与太理論の流通 その2 - 3歩先の経済学
http://s04.megalodon.jp/2007-1106-2339-48/d.hatena.ne.jp/shinpei02/20070413/1176458013
(魚拓)与太理論駆逐共同体 - 3歩先の経済学
http://s03.megalodon.jp/2007-1106-2340-55/d.hatena.ne.jp/shinpei02/20070414/1176550361
(魚拓)ノウハウ直接知財 与太理論の流通 その3 - 3歩先の経済学
http://s03.megalodon.jp/2007-1106-2341-42/d.hatena.ne.jp/shinpei02/20070415/1176619496
(魚拓)科学的思考 - 3歩先の経済学
http://s03.megalodon.jp/2007-1106-2342-33/d.hatena.ne.jp/shinpei02/20070429/1177859630

(魚拓)科学の漸近線 その1 - 3歩先の経済学
http://s04.megalodon.jp/2007-1106-2328-01/d.hatena.ne.jp/shinpei02/20070512/1178975410
(魚拓)科学の漸近線 その2 - 3歩先の経済学
http://s01.megalodon.jp/2007-1106-2331-21/d.hatena.ne.jp/shinpei02/20070513/1179053635
(魚拓)科学の漸近線 その3 - 3歩先の経済学
http://s01.megalodon.jp/2007-1106-2331-57/d.hatena.ne.jp/shinpei02/20070515/1179228224
posted by 黒影 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | observation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読む気ないんでタイトルだけで物を言わせてもらうと、そもそも「与太」という言葉には明白な否定の意味がありますよね。はっきり言ってその辺で既にオワットル話なんでしょうね。
あとあのわけのわからん箇条書きはやめて欲しいと思った、センスなさすぎだろ常考
Posted by SLEEP at 2007年11月07日 02:31
NATROM さんとこにまた別の似たようなひとが現れましたね。撤退宣言しちゃいましたが。

>ただ一つ誤解を解いておきたいのですが、私はf=maを「過去においては正しいとされたが、実は自然界の真理とは違った例」として紹介したかったということです。

だそうで。
Posted by Seagul-X at 2007年11月07日 12:10
>SLEEPさん
いえ、使い方が正しければ問題ないと思います。
ただ彼のエントリは、「与太」や「トンデモ」を本来の字義的に捉えないと成立しないです。
「専門用語」なんて言い出した時点で終わったのだと思います。

>Seagul-Xさん
見に行きました。
確かにそっくりなものいいですね。
「科学=自然界の真理」という誤解流行ってるんでしょうか?
Posted by 黒影 at 2007年11月08日 22:06
物理法則は「発見」するものじゃなくて「発明」なんだよ
って言ってあげると納得するかも。
Posted by ぼそっ at 2007年11月09日 15:24
あー、NATROM さんとこ見て来ました。こんな人だと「発明」なんて言うと却ってダメですね。
Posted by ぼそっ at 2007年11月09日 16:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック