2005年09月24日

他人の眼と頭脳を拝借する−ソーシャルブックマーク−

情報化社会といわれる現代においては、日々大量の情報が発信され消費されている。
しかし個人が処理できる情報量には限りがある上、日々大量に発信される情報の大半は自分にとってなんの必要性も無いものだったりする。
ゆえに効率よく必要な情報だけを取捨選択するには、大量の情報に何らかのフィルタリングを施す必要がある。

そこで情報の取捨選択に有効なのがソーシャルブックマークの活用だ。 
 
 
ソーシャルブックマークにははてなブックマークMyClip他様々なものが存在するが、
私は主にMyClipをニュース取得のために活用している。
(はてなブックマークも使ってはいるが、こちらは研究関連の情報の収集に特化させている)

MyClipには同じMyBlogJapanが提供しているMyBlogListに登録されたブログ主のクリップした記事を知ることが可能なClipNetWorkというサービスが存在する。
これをうまく利用すれば他人の眼と頭脳をニュースのフィルタリングに活用することが出来るわけだ。
私の場合、IT関連のニュースに関しては「13Hz!」のわくたまさんのクリップした記事を、
サイエンス関連の記事については「大学への基礎数学-雑記帳」のFumさんのクリップを大いに参考にさせてもらっている。


一つ前のgvisit.comの記事もわくたまさんがクリップしたこの記事を読んだことから生まれたものだ。
ブログ時代・企業の情報発信術――ブロガーにとりあげてもらおう?インターネット-インターネット・リテラシー:IT-PLUS


ソーシャルブックマークの有効範囲は主に二つ
1.「自分の興味範囲」で自分が「まだ知らない」有用な情報を得ることと
2.「自分の興味の範囲外」の「自分が知らない」有用な情報を得ること

1.は時間と手間さえかければおそらく自分でも発見できるだろう情報だが
ソーシャルブックマークの効果によって情報入手コストを減らすことが可能。
2.はそのままではおそらく知ることなく終わったであろう情報を知ることが出来るというメリットがある。

あとはいかにして「有効な眼」を確保するかだな。
自分の興味範囲をカバーする眼、面白い情報を見つけてくる才能に長けている眼を確保出来ないとソーシャルブックマークの効果は半減する。
単なる不特定多数の興味範囲の情報の寄せ集めでは玉石混交のままだから。

私の場合はすぐにわくたまさんとFumさんという眼の存在を知ったことが今もMyClipを自分の目として使い続けている理由だったりする。
本当ははてブの方が使い勝手がいいから移行したいのだが、いい目が見つからないため全面移行できずにいる。

私は使っていないが、はてブでも特定のユーザーのブックマークを自分のブックマークにインポートできるので、似たようなやり方は可能なはずだ。
こういったやり方を取っている人は既に大勢いる。

別にソーシャルブックマークにこだわる必要はない。
自分の情報ニーズを満たしてくれるものであれば、
個人ニュースサイトであろうがブログであろうが既存のメディアであろうが関係ない。
一人の目では不完全だが複数の目が集まったものならより穴が少ないというだけの話である。


大量の情報を処理しなければならない現代において、
このように他人の眼と頭脳を情報の取捨選択に利用できるツールというのは極めて便利だと思う。
将来的には高度な情報収集AIが作られ、自動的に情報を集めてきてくれるようになるのだろうが
現段階においてはソーシャルブックマークは有用な情報の収集にかなり使える。
posted by 黒影 at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろソーシャルブックマーク見回って、結局ツールとしての使いやすさ・見やすさははてなが一番だと思うのですが、はてなはあまりにも集まる情報が偏りすぎていて辟易する今日この頃です。

はてなブックマークでもうちょっとばかり雑多で広範な情報が集まらないもんですかね。
Posted by Scott at 2005年09月24日 23:57
>Scottさん
私がはてなブックマークの使用を個人メモに止めている理由がそれです。
ツールとしての完成度、操作性は一番なんですが、私が主に見ているサイエンス系ニュースの集まりが悪いもので。
MyClipの方が満遍なく色々なニュースが集まるんですよね。
Posted by 黒影 at 2005年09月25日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック