2005年09月29日

ウォッチに止めるべきか、弄り倒すべきか、それが問題だ。

流れとしてはこんな感じか
 
 
 
産経が例の記事を出す。
 ↓
あちこちの電波ブログが釣られる
 ↓
私が以前書いた批評記事を元にコメントを書き込む者が現れる。
 ↓
そのブログからお客さんが来て、アク解でそのブログの事を知る。
 ↓
今朝書いた新しい批判記事をもののついでにTB
 ↓
そのブログからコメンター「一言」が来る。(多分ブログ主か
インテリジェントデザイン理論(ID理論)にはまっちゃった産経新聞

トンデモウォッチャー黒影として、ここはいかに行動すべきか?


とりあえずもう一つTBを送ってみよう。

 ↓
コメント返し、再TB←今ここ

わくわく
posted by 黒影 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(1) | ネット雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです。

そもそも彼らは相手の主張なんて聞いてませんからねぇ・・・。その時点で議論が成り立っていないわけですが。その点ではまだ通行人氏のほうがマシだった・・・か?うーん。

根拠が無くとも自説を声高に主張し、根拠の無い反論を繰り広げ、挙句の果てにはレッテル貼りして逃亡。ま、こんなとこでしょうな。

とりあえず、彼らにぴったりなAA見つけたんで置いときますね。


 (∩゚д゚)アーアーきこえなーい
Posted by | 冫、)ジー at 2005年09月30日 19:30
逃亡者では、ないのであしからず。私は、進化論を、否定していません。正しいとか、否かでの判断では、すでに進化論の勝ちと言う事は、証拠が無いのだから、議論する前に、決着が着いていると思います。唯、可能性のお話になるのでは、ないかと思います。擬似科学なら、スパゲッティ教も、宇宙人と猿の交配説も、なんでもありな訳で、それらの説があると言うだけで勉強になりました。科学とトンでも理論のお陰で、かしこくなった気がします。はまると、ただ時間が足りないので、困惑します。後は、誰かが仰せのように、信じるか、信じないかのお話であり、進化論が正しいにせよ、法皇様が、神はいないと言わない限り、猿から人になった事を信じない人間は、減らないと思います。
Posted by のぞきみさん at 2005年10月01日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ID論+反ジェンフリ+純潔教育=????
Excerpt: ID論の記事に前にも来ていたビリーバーさんが再びやって来た。 まあ何も目新しい内容を書いて行ってはくれなかったのだが、 その足跡をたどる内にふと脳内に閃くものがあった。 直感に従って行動すると、そこか..
Weblog: 幻影随想
Tracked: 2005-10-25 21:06