2005年10月23日

朝日も変わりつつあるのか

先日こんな事件があった。
朝日新聞、靖国問題で社内乱闘…40代社員が暴行
そんなに調査結果が気に食わなかったのだろうか?
朝日は相変わらずいいネタを提供してくれる。

 
 
 
噴飯物の記事内容もさることながら、これを読んで更に爆笑した。
おいらブログ: 朝日本社で「真昼の決闘」スレの意外な展開
結構真実の一側面をうまくついているように思う。
個人的にはこれが一番受けた。
860 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2005/10/21(金) 18:50:51 ID:PJywFkB80
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) <朝日が論調を変えたら日本が持たん時がきているのだ!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <それが傲慢だと言っている!現実に講読者数が減っているじゃないか!
    (ヽ_ノゝ _ノ 

915 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2005/10/21(金) 18:55:17 ID:yXStas5z0
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) < 総括するぞこの野郎
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <造反有理だ馬鹿野郎
    (ヽ_ノゝ _ノ 


イデオロギーを巡って社内で取っ組み合いの喧嘩が起こるなんて、朝日も随分変わったものだw

しかしこのニュースが意味する内容は、面白おかしい紙面よりももう少し深いところにある。
以下、ちょっとまじめな話。


一昔前の朝日新聞であれば、世論調査の解釈を巡ってこのようないさかいが生じることなど無かったろう。
しかし最近左派ブログが相次いで朝日への失望を表明していることにも表れているように
最近の朝日新聞にはやや中道よりに軌道修正しようとする動きが見られる。
この動きと今回の乱闘騒ぎに流れる通奏低音に気が付いていれば、
また違った角度からこのニュースを眺めることが出来るというものだ。

        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) < 何だと貴様、俺のやり方が間違っているとでも言うつもりか!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;) < もう朝日も単なる左翼イデオロギーからは脱する時期に来てるんですよ!
    (ヽ_ノゝ _ノ    希望的観測で世論調査結果を捻じ曲げるのは止めてください!

内ゲバと言ったらそれまでだが、朝日内の中道と左派の勢力争いが今後どうなるのかは興味深い。
もっとも私にはこのニュースなどは社会主義左派の断末魔の悲鳴に聞こえるが。
朝日社内のガチガチの左派が今後どう扱われるかが一つのポイントとなるか。

やはり現代は時代の分岐点に差し掛かっているな。
地に足の付いた左派は必要だと思うが、
まともな穏健左派の政治集団が確立されるまで、まだ当分は左派の冬の時代が続きそうだ。


最後にちょっと遊んでみた。

        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) < 国を焼き、右派を殺し、左派の世界をとりもどすになにをためらう!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;) < 中韓は日本人の内心の問題に踏み込みすぎた!
    (ヽ_ノゝ _ノ    もう工作員も情報操作も効かない!
posted by 黒影 at 20:33| Comment(2) | TrackBack(1) | ネット雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝日が左翼なんて言ったら左翼が怒りますよ。
日本には左翼系一般紙がありませんから、朝日程度で目立つのでしょうけど。せいぜい中道右派というのが欧州での評価と聞いております。




Posted by Executor at 2005年11月06日 22:34
>Executorさん
え、中道左派ではなく中道「右派」ですか?

そんな評価があるというのは初耳なので、
よろしければどういったところからそう評価されているのかお聞かせいただければと思います。
Posted by 黒影 at 2005年11月07日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

靖国問題を考える(2)
Excerpt: どうせまたそのうち行くんだろうなぁ??と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-10-27 17:17