2005年10月26日

世に倦む日日の炎上

真っ赤に燃え盛ってますね。
Irregular Expression: "世に倦む日日"が弁護士からダメ出し

靖国参拝反対派の弁護士からさえ自論を否定されたようだが
さて、thessalonike2氏は今後どうするのかな?

いくらTBを削除して何も無かった風を装っても
この一連の騒動で既に"世に倦む日日"の信用はがた落ち
だんまりを決め込んでこのまま知らん顔をするようなら
彼は「自分の言葉に対する責任」という言論人として最も大事なものまで失ってしまうことになる。
今後は自分の言葉に責任を取らないただのデマゴーグとして扱われることになるだろう。
posted by 黒影 at 02:56| Comment(1) | TrackBack(1) | ネット雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>この一連の騒動で既に"世に倦む日日"の信用はがた落ち

落ちる信頼なんて最初から無かった気が・・・・・・。
Posted by Scott at 2005年10月26日 07:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8599910
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ブログ炎上 「世に倦む日日」の末路
Excerpt: GHQ占領政策、受け売りの「戦後民主主義」ブログ炎上中 
Weblog: 言語学研究室日誌
Tracked: 2005-10-29 11:18