2008年03月12日

Introduction[0-11][0-12]

イントロの[0-11][0-12]を翻訳
[0-11]
Most Americans are not science-literate. One only has to look at the international studies of educational performance to see that U.S. students rank near the bottom in science and mathematics――hardly what one would expect if the schools were doing their job well. The most recent international mathematics study has reported, for instance, that U.S. students are well below the international level in problem solving, and the latest study of National Assessment of Educational Progress has found that despite some small recent gains, the average performance of 17-year-olds in 1986 remained substantially lower than it had been in 1969.
大部分のアメリカ人は、科学リテラシーを持たない。アメリカの生徒が科学と数学の成績で底辺に位置していることを確認するには、単に国際的な学力調査における成績を確認しさえすれば良い。これは学校がその職務を十分に遂行している場合に期待できる成果では全くない。例えば直近の国際的な数学調査では、アメリカの学生は問題解決能力において国際水準をはるかに下回っていた。そして教育発達度合いの全国評価に関する最近の研究成果は、わずかな項目で若干の成長が見られるものの、1986年の17歳の平均能力が1969年のそれをかなり下回り続けていることを発見した。

[0-12]
The United States should be able to do better. It is, after all, a prosperous nation that claims to value public education as the foundation of democracy. And it has deliberately staked its future well-being on its competence――even leadership――in science and technology. Surely it is reasonable, therefore, to expect this commitment to show up in the form of a modern, well-supported school system staffed by highly qualified teachers and administrators. And surely the curriculum in such schools should feature science, mathematics, and technology for all students. In fact, however, the situation existing in far too many states and school districts is quite different:
アメリカ合衆国は、現状を改善しなければならない。どのみち我が国は、民主主義の基盤として公教育を尊重すると断言する、豊かな国家である。そして我が国は科学技術分野における能力に(さらにはリーダーシップに)国家の将来の幸福を意図的に賭けている。従って、この注力が、現代的で確固とした基盤を持つ、高い能力を持つ教師と管理者が配置された学校システムの形で現れることに期待するのは当然のことである。そしてこのような学校のカリキュラムは、全ての生徒に対して確実に科学、数学、テクノロジーに主眼が置かれられなければならない。しかし実際には、あまりにも多くの州、学区においてまったく異なる状況が存在している。

commitmentとwell-supportedをちょいと意訳。
あとSurelyがやたらと出てきて、意味的には無視した方が日本語として通りが良かったのでそうした。
0−12が少し難しかったかな。
posted by 黒影 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック