2008年03月15日

Introduction[0-17]-[0-21]

イントロの翻訳半分突破。
できれば今日中に翻訳完了してしまいたいところだけど、さすがにそれは難しいか。
明日中の完了を目標にがんばろう。

 
 
[0-17]
To turn this situation around will take determination, resources, leadership, and time. The world has changed in such a way that science literacy has become necessary for everyone, not just a privileged few; science education will have to change to make that possible. We are all responsible for the current deplorable state of affairs in education, and it will take all of us to reform it. Project 2061 hopes to contribute to that national effort.
この状況を変えるためには、決断、人的資源、指導力、および時間がかかるだろう。世界は特権階級のみならず、あらゆる人々にとって科学リテラシーが必要となるように変化した。そして科学教育は、これを可能にするために変わらなければならない。我々は皆、教育における現在の嘆かわしい状況に責任がある。そしてそれを改革するためには我々全員が必要である。プロジェクト2061がその国家的努力に貢献することを望む。

[0-18]
推薦

One fundamental premise of Project 2061 is that the schools do not need to be asked to teach more and more content, but rather to focus on what is essential to science literacy and to teach it more effectively. Accordingly, the national council's recommendations for a common core of learning are limited to the ideas and skills having the greatest scientific and educational significance for science literacy.
Project 2061の基本的な前提の一つは、学校がますます多くの内容を教えるよう依頼される必要はなく、むしろ科学リテラシーに不可欠な内容に焦点をおき、より効果的にそれを教えることが必要だということである。したがって、一般的な学習の中核要素に関する評議会の提言は、これを科学リテラシーに対して最大の科学的・教育的重要性を持つ考えや技術に限定することである。

[0-19]
Science for All Americans is based on the belief that the science-literate person is one who is aware that science, mathematics, and technology are interdependent human enterprises with strengths and limitations; understands key concepts and principles of science; is familiar with the natural world and recognizes both its diversity and unity; and uses scientific knowledge and scientific ways of thinking for individual and social purposes. The recommendations are presented in 12 chapters that thematically cover four major categories:
「すべてのアメリカ人のための科学」は、科学リテラシーを持つ人が以下のような人であるという信念に基づいて作られている。すなわち、科学・数学・技術が相互に依存している長所と短所、強みと限界を持つ人間活動であること認識しており、科学の主要な概念と原理を理解しており、科学知識と科学的思考法を、個々あるいは社会的な目的のために使用する人間である。提言は、主題として4つの主なカテゴリーをカバーする第12章に示される。

[0-20]
Chapters 1 through 3 deal with the nature of science, mathematics, and technology――collectively, the scientific endeavor――as human enterprises.
第1章から第3章では、人間活動としての科学、数学、技術の本質(科学的探求としてまとめられる)について取り組む。

Chapters 4 through 9 cover basic knowledge about the world as currently seen from the perspective of science and mathematics and as shaped by technology.
第4章から第9章では、現在の科学と数学の視点から見える世界、そして技術によって形作られた世界に関する基本的知識を取り上げる。

Chapters 10 and 11 present what people should understand about some of the great episodes in the history of the scientific endeavor and about some crosscutting themes that can serve as tools for thinking about how the world works.
第10章から第11章では、科学的探求の歴史のいくつかの偉大なエピソードや、世界がどのように機能しているかを考えるための道具として役立つ、いくつかの分野横断的テーマに関して、人々が理解するべきことを紹介する。

Chapter 12 lays out the habits of mind that are essential for science literacy.
第12章では、科学リテラシーのために不可欠な、心の習慣について提示する。


[0-21]
In considering these recommendations, it is important to keep in mind some of the special features of the report:
これらの提言について考慮するにあたっては、いくつかのレポートの特徴に留意することが重要である:
posted by 黒影 at 11:31| Comment(1) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
[0-18]
"are limited"は『提言は限定される』ではないでしょうか。

[0-19]
"is familiar with the natural world and recognizes both its diversity and
unity"が抜けています。
Posted by hoyt at 2008年04月10日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック