2008年03月16日

Introduction[0-22]-[0-25]

イントロの22〜25を翻訳。
残りも明日中には何とかなりそう。
 
 
[0-22]
The Recommendations Reflect a Broad Definition of Science Literacy
この提言は、科学リテラシーの幅広い定義を反映している

Science literacy--which encompasses mathematics and technology as well as the natural and social sciences--has many facets. These include being familiar with the natural world and respecting its unity; being aware of some of the important ways in which mathematics, technology, and the sciences depend upon one another; understanding some of the key concepts and principles of science; having a capacity for scientific ways of thinking; knowing that science, mathematics, and technology are human enterprises, and knowing what that implies about their strengths and limitations; and being able to use scientific knowledge and ways of thinking for personal and social purposes.
科学リテラシー(自然科学、社会科学と同様に数学や技術も含む)は、様々な側面を持つ。そこには、自然界をよく理解しその一体性を尊重すること、数学、技術、科学がそれによって相互依存する重要な方法の一部に気付くこと、科学の基本原則や要点となるいくつかの概念を理解すること、科学的思考法を受け入れる能力を持つこと、科学・数学・技術が人間活動であり、そのことがその長所と短所について何を意味しているかを理解していること、科学知識と科学的思考法を個々の、あるいは社会的な目的に利用することができること、などが含まれる。

[0-23]
Some of these facets of science literacy are addressed only in specific places in the report, whereas others are woven into the text of the chapters. It is essential, therefore, that the recommendations be viewed in their entirety as a multifaceted discussion of science literacy.
科学リテラシーのこれらの側面のいくつかは報告書の特定の箇所でのみ扱われているが、他のものは各章の本文に織り込まれている。したがって、科学リテラシーの多角的な議論として報告書全体に見られる提言は、必要不可欠である。

[0-24]
The Recommendations in This Report Apply to All Students
この報告書における提言は、すべての生徒に適用される

The set of recommendations constitutes a common core of learning in science, mathematics, and technology for all young people, regardless of their social circumstances and career aspirations. In particular, the recommendations pertain to those who in the past have largely been bypassed in science and mathematics education: ethnic and language minorities and girls. The recommendations do not include every interesting topic that was suggested and do not derive from diluting the traditional college preparatory curriculum. Nevertheless, the recommendations are deliberately ambitious, for it would be worse to underestimate what students can learn than to expect too much. The national council is convinced that--given clear goals, the right resources, and good teaching throughout 13 years of school--essentially all students (operationally meaning 90 percent or more) will be able to reach all of the recommended learning goals (meaning at least 90 percent) by the time they graduate from high school.
提言の一覧は、彼らの社会状況や職業の希望に関係なく、すべての若者のための科学・数学・技術教育における共通の中核要素を構成する。この提言は特に、過去に科学・数学教育から置き去りにされた者達(民族、言語のマイノリティや女性)に関係している。
提言は提案された面白い話題をすべて含むわけではなく、また伝統的な大学準備のカリキュラムの希釈に由来するわけでもない。それでもなお、提言の内容は意図的に野心的なものとなっている。なぜならば、期待しすぎることよりも、学生が何を学ぶことが可能か過小評価することのほうがなお一層悪いからである。評議会は、(13年間の学校教育を通して明確な目標、正しい教材、良い指導を与えられれば)基本的にすべての生徒(運用上は90%以上を意味する)が、高校卒業時に推奨されるすべての学習目標(最低でも90%を意味する)に到達できるであろうことを確信している。

[0-25]
At the same time, however, no student should be limited to the common core of learning spelled out in this report. In response to special interests and skills, some students will want to gain a more sophisticated understanding of the topics than what is suggested here, and some will want to pursue topics not included here at all. A well-designed curriculum will be able to serve those special needs without sacrificing a commitment to a common core of learning in science, mathematics, and technology.
しかしながら、同時に、学生はこの報告書に書かれた学習の一般的な中核要素に制限されるべきではない。特別な関心と技能に応じて、一部の生徒は取り上げられる話題に関して、この報告書で提示されるよりも高度な理解を得たくなるだろう。そしてこの報告書にまったく含まれていない話題を追いかけたくなるものもいるだろう。よく設計されたカリキュラムは、科学・数学・技術教育の共通中核要素への参加を犠牲にすること無しに、これらの特別なニーズに対応することを可能とするだろう。
posted by 黒影 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック