2008年03月18日

Introduction[0-26]-[0-34]

昨日翻訳した部分。
ここらへんまでくるとさすがに難しい。 
 
[0-26]
The Recommendations Have Been Selected on the Basis of Both Scientific and Human Significance
提言は、科学的意義と人間的意義の双方に基づいて選ばれた。

The schools do not need to be asked to teach more and more content, but to teach less in order to teach it better. By concentrating on few topics, teachers can introduce ideas gradually, in a variety of contexts, reinforcing and extending them as students mature. Students will end up with richer insights and deeper understandings than they could hope to gain from a superficial exposure to more topics than they can assimilate. The problem for curriculum developers, therefore, is much less what to add than what to eliminate.
学校は、ますます多くの内容を教えるように要請される必要はなく、むしろより良い教育を実践するために教える量を減らす必要がある。わずかな話題に集中することによって、教師はさまざまな文脈で、生徒が成熟するに従って補強拡大しながら、徐々に考えを紹介することができる。最終的に生徒達は、消化しきれないほどの大量の話題の表面的な暴露によって得ることが期待できるものよりも、より豊かな洞察、より深い理解を得るだろう。したがって、カリキュラム開発者にとっての問題は、何を取り除くかに比べればずっと少ない何を加えるべきかになる。

0-27]
Reversing the accretion of material over scores of years is thus a major goal of Project 2061. But addressing this goal has meant making choices. The criteria for identifying a common core of learning in science, mathematics, and technology were both scientific and educational. Consideration was given first to the ideas that seemed to be of unusual scientific importance, because there is simply too much knowledge for anyone to acquire in a lifetime, let alone 13 years. This meant favoring content that has had great influence on what is worth knowing now and what will still be worth knowing decades hence, and ruling out topics mainly of only passing technical interest or limited scientific scope. In particular, concepts were chosen that could serve as a lasting foundation on which to build more knowledge over a lifetime. The choices then had to meet important criteria having to do with human life and with the broad goals that justify universal public education in a free society. The criteria were:
長年にわたる教材の増加を反転させることが、このようにプロジェクト2061の大きな目標である。しかし、この目標について記述することは、選択を行うことを意味する。科学・数学・技術における学習の共通中核要素を定義するための基準は、科学的かつ教育的である。飛びぬけた科学的重要性を持つと思われる知識は真っ先に合意された。なぜなら、生涯に、まして13年間に学習するには、存在する知識の量はあまりに多すぎるからである。
これは現在知る価値があるものや、数十年後にも知る価値があり続けるものに重大な影響を持つに適した内容を意味し、そして単に技術的関心や限られた科学の領域を通り過ぎるだけの話題を除外した。特に、生涯に渡りより多くの知識を築き上げる不変の基盤となることができる概念が選ばれた。この選択は、次に、人の生命や自由社会で普遍的な公教育を正当化する広い目標に関連する重要な基準を満たさなければならなかった。
その基準とは、

[0-28]
Utility. Will the proposed content--knowledge or skills--significantly enhance the graduate's long-term employment prospects? Will it be useful in making personal decisions?
実用性:提案された内容(知識や技術)は卒業生の長期的な雇用見通しを大きく強化するか?個々人の決定を行う際に役に立つか?

Social Responsibility. Is the proposed content likely to help citizens participate intelligently in making social and political decisions on matters involving science and technology?
社会的責任:提案された内容は、市民が科学技術に関わる問題についての社会的・政治的決定に理知的に参加することを手助けするか?

The Intrinsic Value of Knowledge. Does the proposed content present aspects of science, mathematics, and technology that are so important in human history or so pervasive in our culture that a general education would be incomplete without them?
知識の固有の価値:提案された内容は、科学・数学・技術が、人類の歴史の中で非常に重要な位置を占めることや、これら抜きでは一般教育が成り立たぬほど我々の文化に広く普及しているという側面を提示するか?

Philosophical Value. Does the proposed content contribute to the ability of people to ponder the enduring questions of human meaning such as life and death, perception and reality, the individual good versus the collective welfare, certainty and doubt?
哲学的な価値:提案された内容は、人間の意味に対する尽きることのない疑問(例えば生と死、認識と現実、個々の利益対共同体の福祉、確実性と懐疑など)について考えるための人々の能力に寄与するか?

Childhood Enrichment. Will the proposed content enhance childhood (a time of life that is important in its own right and not solely for what it may lead to in later life)?
幼年期の充実:提案された内容は、幼年期(それ自体が非常に重要であり、単に晩年に至るためだけにあるのではない年代)をより良いものとするか?

[0-29]
The Recommendations Are Neither All New Nor Intended to Be Fixed for All Time
提言はまったく新しいものでもなければ、永遠に修正されないものでもない

In formulating recommendations, no attempt was made to either seek novelty or avoid it. The task was to identify a minimal core of critical understandings and skills, whether or not they happen to be part of current school curricula. The recommendations do not constitute the only possible ones, and indeed there were differences among the participants in this project on various topics. The national council does believe, however, that the recommendations make good sense and that they offer a sound basis for designing curricula in science, mathematics, and technology.
提言を編成する際には、目新しいものを探したり、逆にそれを排除したりする試みはまったく行っていない。課された課題は、それが現在の学校カリキュラムの一部であるかどうかに関わらず、決定的に重要な意味を持つ知識と技術の最小限の中核を定義することであった。提言は唯一の可能性を構成するわけではない。事実、このプロジェクトに参加した者達の間でも、様々な話題について異なる意見が存在した。しかし評議会は、この提言が道理にかなっていて、科学・数学・技術のカリキュラムを設計するために健全な基盤を提供することを信じている。

[0-30]
But science, mathematics, and technology are continually in flux--holding onto some ideas and ways of doing things, reshaping or discarding some, adding others. The time will inevitably come--sooner in some areas than others--when the recommendations will need to be revised to accommodate new knowledge. Furthermore, as educators and scientists work together in Phase II of Project 2061 to design curriculum models based on this report, they are likely to reach their own conclusions on the appropriateness of these recommendations and to suggest changes. In any case, the recommendations are not presented to set up a new and unalterable orthodoxy, but rather to provide a credible resource for the Phase II development, to provoke lively debate on the question of the content of education, and to catalyze curriculum reform.
しかし科学・数学・技術は、絶えず流動している(一部の知識や物事の進め方はそのままに、一部は再構成あるいは捨て去り、他のものを追加していく)。提言が新しい知識に対応するために改定の必要が生じるその時は、(一部の領域では他の領域よりもすぐに)いつか必ず訪れる。さらに、教育者と科学者達はプロジェクト2061の第二段階において、このレポートに基づくカリキュラムモデルを設計するために一緒に働いているため、彼らはこれらの提言の適切さに関して彼ら自身の結論に達し、変更を提案するだろう。いずれにせよ、提言は新しく変更のきかない正説を作るために提示されたわけではない。しかしむしろ、第二段階開発のための確かな材料を提供する。教育内容の問題について活発な議論を巻き起こし、カリキュラムの変更に作用するために。


[0-31]
This Report Is Not a Curriculum Document or a Textbook
この報告書はカリキュラム文書でも教科書でもない。

The reader should not expect to find recommendations in this report on what should be taught in any particular course or at any grade level. The report deals only with learning goals--what students should remember, understand, and be able to do after they have left school as a residue of their total school experience--and not with how to organize the curriculum to achieve them. Neither is the presentation of recommendations meant to instruct the reader as a text does. No linear presentation of topics can satisfactorily represent the connectedness of ideas and experiences that would be essential in an actual curriculum or textbook.
読者はこの報告書に対し、特定のコースや学年で何を教えるべきかの提言を見出すことを期待するべきではない。この報告書は学習目標(完全な学校経験の結果として生徒たちが学校を卒業した後で、彼らが何を記憶し、理解し、出来るようになるべきか)のみを扱い、これらを達成するためにどのようにカリキュラムを編成すればよいかは扱わない。ましてや、提言の意図するところは、教科書がそうするように読者を導くことでもない。直線的に話題を提示することは、実際のカリキュラムや教科書に不可欠な、考えの関連性や経験を満足に示すことが出来ない。

[0-32]
The Recommendations Are Intended to Convey the Levels of Understanding Appropriate for All People
この提言は、すべての人々を適切な理解のレベルに運ぶことを目的とする。

For most educational purposes, broad generalizations (such as 'everyone should know how science and technology are related') are no more useful than are long lists of specific topics (atoms, cells, planets, graphs, etc.). Neither approach reveals what is to be learned, and both require the reader to guess what level of sophistication is intended. Thus, the specific recommendations in this report are framed in enough detail to convey the levels of understanding and the contexts of understanding intended. The recommendations have been formulated under four levels of generalization:
大抵の教育的な目的のためには、幅広い一般化(たとえば「すべての人は、科学と技術がどのように関連付けられているかを知るべき」など)は、特定の話題の長いリスト(原子、細胞、惑星、図表等)と同様に役に立たない。どちらの取り組みも何を学ぶべきかを明らかにせず、どの程度の素養が必要とされるかについて読者自身の推測を必要としている。
従って、この報告書の特定の提言は、理解のレベルと意図された理解の文脈を伝えることが出来る程度に詳細な枠組みを持っている。提言は4つのレベルの統括の下で編成された。

[0-33]
Chapters. Each chapter deals with a major set of related topics. Collectively, the chapter titles lay out a conceptual framework for understanding science that people can use throughout their lives as they gain new knowledge about the world.
章:各章は関連する話題の広範囲にわたる集まりを扱う。まとめると、章タイトルは、人々が世界に関する新しい知識を得るに従って生涯を通して利用することができる、科学を理解するための概念的な枠組みを構成する。

Headings. Within each chapter, headings such as Forces That Shape the Earth or Interdependence of Life identify the conceptual categories that all students should be familiar with. A list of all the headings would provide an approximate answer to the question of the scope, but not the content, of the specific recommendations.
見出し:各章の内で、「地球を形成する力」や「生命の相互依存」のような見出しは、全ての生徒が精通していなければならない概念上の領域を特定する。すべての見出しの一覧は、内容ではなく特定の提言に対する大まかな答えを提供するだろう。

Paragraphs. Under each heading are paragraphs that express the residual knowledge, insights, and skills that people should possess after the details have faded from memory. If high school graduates were interviewed about a topic--Information Processing, say--they should be able to come up, in their own words, with the ideas sketched in the paragraphs under that heading.
段落:各見出しの下には、詳細が記憶から消えてしまった後にも人々が所持すべき、残りの知識、洞察、技術を表す段落が存在する。高校卒業生がある話題(例えば情報処理)について取材をうけたとしたら、彼らは自分自身の言葉で、その見出しの段落に書かれていた知識を見つけ出すことが出来なければならない。

Vocabulary. The language of the recommendations is intended to convey the level of learning advocated. The recommendations are written for today's educated adults, not students--but the technical vocabulary is limited to what would be desirable for all students to command, as a minimum, by the time they finish school. This vocabulary should be viewed as a product of a sound education in science, mathematics, and technology, but not its main purpose.
語彙:提言の言葉づかいは、提唱される学習のレベルを伝えることを意図されている。提言は生徒にではなく、現在の教養ある大人のために書かれているが、専門的な語彙は、最低限彼らが高校を卒業した時点で自由に操れると期待されるレベルに制限されている。この語彙は科学・数学・技術の健全な教育の成果として見られるべきものではあるが、これ自体が主目的ではない。

[0-34]
In sum, the recommendations are--to different degrees of specificity--implicit in the titles, headings, text, and vocabulary of the 12 chapters that follow. Yet there is no way, in so short a document, to convey the quality of knowledge envisaged across the full range of topics. This quality--the way in which something is known--depends largely on how it is learned. In this regard, the discussion of learning and teaching in Part III provides a perspective for understanding the nature of the recommendations themselves.
要約すると、提言は、(それぞれ異なる細かさで)この後に続く12の章のタイトル、見出し、文章と語彙の中に存在する。それでも、あらゆる話題にまたがって想定される知識の品質を、このように短い文章で伝える方法は存在しない。この品質(何かを理解する方法)は主にそれがどのように学ばれるかに依存している。このことについては、第三部の学習と教育に関する議論が、提言自体の性質を理解するための展望を提供する。



consideration: 本来は約因と訳すべき言葉ですが、この法律用語を知っている人がどれだけいるかという話で、SFAAの訳に使うのは問題ありと考えたので、単純に合意としました。
posted by 黒影 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック