2008年03月18日

Introduction[0-35]-[0-40]

これにて序章完了。
疲れた… 
 
[0-35]
THE SOURCE OF THE RECOMMENDATIONS
提言の起点

The recommendations in Science for All Americans are not those of a single person, nor are they those of a committee. They emerged, instead, from a lengthy process designed to capture both the daring insights of the individual and the critical confrontation of the group. Briefly, the steps were these:
「すべてのアメリカ人のための科学」における提言は、誰か一人のものでもなければ、委員会のものでもない。提言は代わりに、個人の大胆な洞察とグループ間の批判的な対立の両方を捉える長いプロセスから現れた。簡潔にまとめると、以下のようなステップである。

[0-36]
Scientific panels appointed by the American Association for the Advancement of Science were charged with coming up with recommendations in five domains: the biological and health sciences; mathematics; the physical and information sciences and engineering; the social and behavioral sciences; and, technology. Each panel met frequently over a two-year period, often inviting consultants to meet with them to present ideas and to participate in the discussion of particular suggestions being put forward by one or more panel members.
米国科学振興協会によって任命された科学パネルは、5つの領域(生命科学と健康科学、数学、物理学と情報科学・情報工学、社会科学と行動科学、技術)で提言を出す責任を負った。各パネルは、自分の考えを示し、一人以上のパネルメンバーによって提出された特定の提案についての議論に参加するため、よくコンサルタントを呼んで2年間ひんぱんに会合を繰り返した。

[0-37]
To gain consideration, individual panel members had to defend their propositions in terms of both scientific and educational significance. As the number that survived this critical test grew, another condition was added: what should be stricken from the list to make room for the new candidate? From time to time, the panels had an opportunity to study and criticize one another's tentative recommendations. At the conclusion of its deliberations, each panel submitted a report to the National Council on Science and Technology Education summarizing its conclusions. The reports were then published by the AAAS.
合意を得るために、個々のパネルメンバーは科学的、教育的な重要性の観点から自身の提案を守らなければならなかった。この批判的なテストを乗り切った提案の数が増えたとき、別の条件(新しい候補に席を譲るため、一覧から削除されるべき項目はどれか?)が加えられた。パネルには、時々、お互いの仮の提言を研究して批評する機会があった。審議の終わりには、各パネルは科学技術教育評議会に結論をまとめた報告書を提出した。報告書はその後、AAASによって発表された。

[0-38]
The national council was also appointed by the AAAS. Its responsibility was to provide quality control for and guidance to the panels and the project staff. (This undertaking is part of a larger one called Project 2061: Education for a Changing Future, which is briefly described in Chapter 15.) The staff--primarily Rutherford and Ahlgren--met regularly with the panels and by mutual agreement took on the responsibility of drafting copy covering the territory common to all of the panels, such as the nature of the scientific endeavor, history, and cross-cutting themes. Panel members submitted ideas and criticized successive drafts.
評議会はAAASによっても指名された。その責任範囲は、パネルとプロジェクトスタッフのための品質管理とガイダンスを提供することとなっていた。(この仕事は、第15章に簡単に説明される未来を変えるための教育、プロジェクト2061と呼ばれているより大きな仕事の一部である)スタッフ(主にラザフォードとアールグレン)は定期的にパネルと会合し、合意の上でパネルのすべてに共通の領域(例えば科学的探求、歴史、分野横断的なテーマの本質など)をカバーする草案を作成する責任を負った。パネルメンバーは各自の考えを提出し、一連の草案を批判した。

[0-39]
Then the staff, with the help of many experts, undertook to prepare a single cogent report drawing on the panel reports and its own work, but not simply synthesizing them. Drafts were written, submitted to the national council, debated, and then rewritten. When the national council was finally satisfied, the draft was reviewed in detail by 130 highly qualified persons, their comments studied, and a final draft prepared. The national council recommended Science for All Americans, as it had finally come to be known, to the AAAS Board of Directors. Board members read the entire document, listened to the arguments in its favor by the national council co-chairs, discussed it at length, then voted unanimously to authorize publication.
そして多くの専門家の助けを借りたスタッフは、パネル報告と自身の仕事を利用して、単にそれらを統合するのではなく、一つの説得力がある報告書を準備すると約束した。草案が書かれ、評議会に提出され、検討され、そして書き直された。評議会がついに満足したとき、草案は130人の識者によって詳細に批評され、彼らのコメントが検討され、そして最終原稿が作成された。評議会は「すべてのアメリカ人のための科学」を推薦し、ついにAAAS取締役会がこれを知るところとなった。役員たちは文章すべてに目を通し、評議会共同議長による支持の議論に耳を傾け、詳細な議論の末に、満場一致で出版の認可投票を行った。

[0-40]
So Science for All Americans represents the informed thinking of the science, mathematics, and technology communities as nearly as such a thing can be ascertained. It is a consensus, to be sure, but not a superficial one of the kind that would result from, say, a survey or a conference. The process cannot be said to have led to the only plausible set of recommendations on the education in science, mathematics, and technology for all children, but it certainly yielded recommendations in which we can have confidence. It is an ambitious but attainable vision that emphasizes meanings, connections, and contexts rather than fragmented bits and pieces of information and favors quality of understanding over quantity of coverage. Is not that precisely the kind of education that we should want for all Americans?
従って、「すべてのアメリカ人のための科学」は、科学・数学・技術のコミュニティの、確認できる限りの情報に基づいた考え方を表す。確かにこれはひとつの合意に過ぎないが、その辺の調査や会議から生じる類の浅薄なものではない。その過程がすべての子供のための科学・数学・技術教育についての唯一のもっともらしい提言につながったと言うことは出来ないが、確かに、我々が自信を持つことが出来る提言をもたらした。これは断片化された情報よりも意味やつながり、文脈を強調し、範囲の広さよりも理解の質を好む野心的ではあるが達成可能な構想である。これはまさに、我々がすべてのアメリカ人のために望むべき教育のあり方ではなかろうか?
posted by 黒影 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック