2009年09月22日

信長の野望の新作が出たけれど

買わずに様子見に徹したのはどうやら正解だったらしい。
各所のレビューを見ても不評の嵐。天下創世はおろか革新にも劣る評価ってのがなあ。
まあ北見プロデューサーのインタビューを読んだ時点でダメダメになるのは見え透いていたけれど。
コーエー、「信長の野望・天道」プロデューサー北見健氏インタビュー - GAME Watch


個人的には、天道のコンセプトが発表された最初の頃は将星録、烈風伝あたりと革新を足し合わせたようなものになると考えていて結構期待していたんだが。
ふたを開けてみれば集落に防御度はないわ、無茶苦茶な兵力は革新譲りだわ、外交、謀略の自由度はさらに下がっているわでかなりがっかりした。
新機能はそれなりに評価できるんだが、ゲームとしての面白さが前作より落ちていると思う。

革新以降、ゲームの戦略的自由度がかなり下がっていて、勝つ為にはこうしなきゃいけないという一本道をひたすら歩まされるのがかなり苦痛になっている。烈風伝あたりだと謀略戦外交戦で勢力を拡大する道があって楽しかったんだけどなあ。武田で始めて関東地方の独立勢力を取り込みまくったのもいい思い出だ。
革新は民の忠誠度を回復する手段があれば、序盤に兵力を急拡大して攻めまくりという戦略も取れたし、最初から城防御度が高い国をいくつか設けておけば、難攻不落の小田原城を再現できたろうし。


戦術的自由度が下がっているのも何とかしてほしいポイントの一つ。
天下創世は色々と不満点こそあったものの、合戦の面白さも箱庭ゲーとしての楽しさもシリーズ一と言っても過言でないので、革新でその両方を切り捨てたのは間違いだと思っている。
革新と同様に天道も兵力が全てで3倍の兵力差になるともうどうしようもないってのが不満点。天下創世はまだユーザーの腕次第で兵力差をひっくり返すことができたけれど、革新以降合戦がただの作業になってしまった。
せめて兵力=兵数に戻して、錬度パラメータ復活させてほしい。昔のシリーズにあった、少数精鋭で雑魚を蹴散らす楽しみを復活させてほしい。

2009年04月05日

新クロサギの2巻で

新クロサギの2巻でエステ系の詐欺を取り上げていたのだが、その中で"疑似科学"という言葉が出てきてちょっと「へえ」と思った。
私の記憶している限りでは、クロサギの中で"疑似科学"という単語が出てきたのはこれが最初じゃないだろうか。

2008年06月28日

信じちゃいないけど、占いは大好きよ

たまにはマンガのネタもということで、「王様の仕立て屋」の話でも。
私は王様の仕立て屋の大ファンなんだが、このマンガに出てくるキャラの中だとベアトリーチェを特に気に入っている。
これは私の策士キャラ好きも理由の一つだが、正直ジラソーレの面子の中で一番キャラ立ちしていると思うんだよな。
そんな訳でベアトリーチェが出てくる話の中から特に気に入っているものを取り上げてみる。

王様の仕立て屋11巻「order66 紅の豚」より。

ベアトリーチェから
「天文学的な価値の美術品を自分の死出の道連れにすると公言してはばからないとある大富豪に対し、
その気持ちを翻させるだけの一着を作ってほしい」
という、いつもの無茶な頼みごとをされた我らが織部。
ロッソ・ヴェネツィアーノを身にまとわせ、彼のアイデンティティに訴えるという方法で何とかこの難事をこなしたのだが、
仕事が一段落した後でふと気になっていたことをベアトリーチェに尋ねてみた。

「でもお宅が星占いを信じてるとは意外だったね。案外かわいいところがあるじゃねえか」
彼女はこの仕事を織部に持ってくる際に、「星の巡りがいいからこの仕事は成功する」と言っていたのだ。

しかし彼女は肩をすくめてあきれ笑いを返す。
「バカ言わないで。天動説に基づいた星の動きが人間の運命を握っていると思う程私はロマンチストじゃないわ」
「でも星の巡りがいいとか言ってなかったか?」

首をかしげる織部に対し、ベアトリーチェはさらに説明した。

「占星術が当たるか外れるかは大して重要じゃないの。
政治家とか実業家とか、市場に影響を与える人物に占いを心の支えとしている人がいるって事が重要なのよ。
ダンドロ氏が事業の拡大に占星術で験担ぎしていたのはその筋では有名な話だったわ。
彼がペンキをかけられた日、彼の運命星のラッキーワードは『気分転換』『若者の意見』
これはチャンスとカチコミをかけたらあの敵の多い気難し屋があっさり初対面の私達に会ったでしょ?」

占星術を信じる人間の行動は、占星術を知ることで予測し、コントロールすることが可能であると平然と種明かしをするベアトリーチェだが、すべてが彼女の計算ずくであったことを知った織部は内心穏やかでない。
「ま…まさか、そういう占い好きの大物のリスト作って常に網を張ってんのか?」

思わず疑問を口にする織部に対し、彼女は小悪魔的な笑みを浮かべながらそれを肯定した。
「タロットやルーンストーンとかはその場限りの偶然性が強くてお手上げだけど、
占星術は一定の法則で動く天体が基準だから、予測が立て易いの。
信じちゃいないけど、占いは大好きよ

織部は「コエー、この女…」と戦慄しているが、私はこういうキャラ大好きだ。


2008年03月13日

シムシティDS2がヤバイ

もうすぐ発売されるシムシティDS2がヤバイ。
ゲームの宣伝を見てこれだけゾクゾク来たのは久しぶりだ。
シムシティDS2 | EA エレクトロニック・アーツ

今回のシムシティの売りは「時代を超える」こと。
これまでのシリーズで常に前提となっていた現代の街並みだけではなく、古代、中世日本、中世ヨーロッパ、近代アメリカと歴史を追って発展していく街並みを建設できる。
箱庭ゲーム好きな私のハートにクリティカルヒットした公式サイトの画面イメージの数々をご覧あれ。

◆古代
CBIMG002.png

◆中世日本
CBIMG005.png

◆中世ヨーロッパ
CBIMG006.png

◆現代
CBIMG009.png

シムシティ系統でこれだけ魅力的なソフトは久々だね。
こいつは間違いなくヒットする。


シムシティDS2~古代から未来へ続くまち~

2007年11月11日

Saga2

ニコ動で面白い動画を見つけた。
Saga2の音楽に歌詞をつけて、それを初音ミクに歌わせているんだが、かなりいい。
セリフ回しうまいよなあ。ループで聞いていてもまるで飽きない。
最新作の「ニコニコ動画(RC2)‐初音ミクがSaGa2のえちごやを演じようと必死です」なんて最高だ。

大体1週間ごとに新作が出ているようなので、次回作が楽しみ。
ニコニコ動画(RC2)‐マイリスト SaMa@SaGa

それにしても、Sagaシリーズのイトケン節は神だよな。
ゲームボーイの電子音でここまでのものを作れるんだから。
小坊の頃はSagaシリーズのために何本の乾電池を消費したことやら。
あまりに懐かしくて思わずゲームを引っ張り出してクリアしてしまった。

2007年09月08日

Comic Listの更新

かなり長いこと放ったらかしにしていたので、久々にComic Listを更新。
 
 
続きを読む

2007年08月25日

ライブ・ア・ライブ

今日ネットサーフをしていてこんなのを見つけた。
ヘーイワウゲーム ライブアライブ ボス戦特集

ライブ・ア・ライブは今でもはっきりと記憶に残っているくらい好きなゲームだったので、ついつい見に行ってしまった。
最近はYouTubeでゲームのプレー画面がアップされているんだな。
クンフー編や近未来編のラストやら、中世編のやるせなさやら、色々と思い出して感傷に浸ってしまった。
続きを読む

2007年04月18日

ゲーム画面を見てワクワクしたのは久しぶりだ

スーパーペーパーマリオのCMを見て驚いた。
一見昔のスーパーマリオなんだが、ある拡張が加えられている事により、ゲームプレイの幅がかなり広がっている。

百聞は一見に如かず。
リンク先のフラッシュを見てもらうのが一番早い。
Wii.com JP - 『スーパーペーパーマリオ』を体験してもらいました。


2D⇔3D切り換えという要素を導入するだけで、こんなにも遊びの幅が広がるものなのか。
アイデアの斬新さという点でゲームにワクワクさせられるのは久しぶりだ。

2006年10月17日

パンプキンシザーズ

やがて失うものに意味がないのなら
あなたの命もまた無意味でしょう
時か病か刃か いずれは奪われる
ならば今すぐ死にますか?
―アリス・L・マルヴィン


少尉は名台詞が多い。
先日久しぶりに古本屋で見かけて、帰るなりAmazonで5冊まとめて注文した。
初めて読んだのがいつどこでだったか思い出せないのが残念。
一目で気に入った事と、確か雑誌の立ち読みだった事だけは覚えているんだが。
ああいうキャラ好きなんだよな。



それにしても、このペースで行くと年が明けるまでにもう一つ本棚を用意しないといけなくなりそうだ。

2006年10月08日

コンシェルジュ

私のお気に入りのマンガの一つに、コミックバンチで連載しているコンシェルジュというマンガがある。
そのコンシェルジュのストーリーに最近有機野菜の話が出てきたんだが、これが傑作で個人的にかなりツボった。

以前本館の方で書いた毒の話に通じるストーリーで大いに頷ける物があったというのが一つの理由だが、もう一つ、同時に槍玉に挙げられていたマンガがどう見てもコレだったからだw
作中ではそんなに悪くない扱いだったが、私は最初はもっと徹底的にこき下ろすものを書いて編集者を青くさせたんじゃないかとにらんでいる。
なんせ実物はもっとアクが強いから、ってさすがWikiもう情報が反映されてるしw
週刊コミックバンチ掲載のコンシェルジュにて本人をモチーフとしたキャラクターが登場し、美味しんぼで展開された無農薬野菜信奉をことごとく反論された。

誰か知らんが超GJ。
早く単行本に収録されないかな?

2006年03月01日

2月の購入目録控え

こんなの買いました。続きを読む

2005年12月31日

電脳化の時代

「この世が嫌なら自分を変えろ!
それが嫌なら目を閉じ、耳を塞いで孤独に暮らせ!
それも嫌なら…」

というのが攻殻機動隊であったな。
テロリストに対する草薙素子のセリフだったか。

ドリーマーとテロリストじゃ全然違うのだが、
何故か本館の記事を書いていて急に思い出した。
正月休みに久しぶりに見てみるか。続きを読む

2005年06月04日

常務 島耕作

実は島耕作シリーズは名前こそ知っていたがこれまで読んだことが無かった。
たまたま就活中ホテルにモーニングが置いてあったので暇つぶしに読んでみたんだが
課長から始まって部長、取締役と続いて今じゃ常務か。
そのうち専務、社長と登りつめるんだろうか?
そんなことはどうでもいいとして、興味を引かれたのはマンガ内で扱っているネタ。続きを読む

『そりゃないだろう』と言いたくなったマンガ

就活でここしばらく東京に出かけていたんだが、
時間つぶしに立ち寄ったコンビニで『続戦国自衛隊 関ヶ原死闘編』というマンガを読んだ。
小説を読んでおらず映画のイメージが先にあって、
『ジパング』みたいな感じの歴史if物かと思っていたのであまりの落差に泣けた。
続きを読む

2005年04月06日

MMR―あの人は今―

MMR マガジンミステリー調査班
って聞いたことありますか?

10〜15年程前に小中学生だった人ならかなりの確率でご存知だと思うのですが
当時少年マガジンで不定期に連載されていたオカルトマンガで、
ノストラダムス、電磁波、ウイルス、小惑星衝突など様々なネタを駆使して
当時の子供等を恐怖の渦に陥れた傑作マンガです。
人によってはギャグマンガとして評価するでしょう。

このMMRに欠かせないキャラが隊長格のキバヤシさん。
キバヤシ「あの〜は、〜だったんだよ!」

一同「な、なんだってー!!」

の黄金パターンは今も好んで使用する人がいるほど一世を風靡しました。続きを読む