2008年04月09日

Chapter 3: THE NATURE OF TECHNOLOGY[3-36][3-37]

新年度が始まってしばらく休んでいた翻訳を再開。
今回は3章の最後の部分。
かなり終わりに近づいた感じ。
続きを読む
posted by 黒影 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

Chapter 12: [12-20]-[12-24]

Science For All Americans翻訳プロジェクト: Chapter 12: HABITS OF MIND
作業の都合上、向こうのコメント欄にポストしたものを改めてエントリにまとめることに。

続きを読む
posted by 黒影 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

Chapter 9:[9-11]-[9-15]

とりあえずあちこちの穴開き部分を埋めていくことに。
9章が終わったら一番進捗が遅れている3章に取り組もうと思う。

続きを読む
posted by 黒影 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

SFAA進捗報告

翻訳そのものは順調に進んでいるけれど、やはりここにきてペースが落ちだしたね。
以前のペースを保てていたら、今はもう3分の2を終えているはずだったんだが。
sfaa0317.png

まあすでに6割は超えているし、ここまできたらあとはどうにでもなる。
焦らず気長にいこう。
posted by 黒影 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Introduction[0-35]-[0-40]

これにて序章完了。
疲れた…続きを読む
posted by 黒影 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Introduction[0-26]-[0-34]

昨日翻訳した部分。
ここらへんまでくるとさすがに難しい。続きを読む
posted by 黒影 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

Introduction[0-22]-[0-25]

イントロの22〜25を翻訳。
残りも明日中には何とかなりそう。
続きを読む
posted by 黒影 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

Introduction[0-17]-[0-21]

イントロの翻訳半分突破。
できれば今日中に翻訳完了してしまいたいところだけど、さすがにそれは難しいか。
明日中の完了を目標にがんばろう。

続きを読む
posted by 黒影 at 11:31| Comment(1) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

SFAA進捗報告

本日の成果は320/665。
変わらぬ速度で順調に進んでいます。
sfaa0312.png

この分で行けば今週末には確実に6割は突破するなあ。
結構結構。

ところで、実はこのプロジェクトは、
プロジェクト杉田玄白の影響を強く受けていたりする。
そのプロジェクト杉田玄白の管理人である山形さんが先日こんなコメントを書いていた。
YAMAGATA Hiroo: The Official J-Page
さぼっていたプロジェクト杉田玄白の更新を、一念発起してやる。一年近くためていたのでいろいろあるが、特にモリス、ロースあたりは個人的に非常にツボ。自分でも中身を少し進めないと……(2008/3/9)

似たようなことをやっている身としてエールを送りたい。
posted by 黒影 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全体進捗が4割を超えました

まだ初めて10日かそこらですが、全体進捗が4割を突破(287/665)しました。
既に訳が完了した章が二つあり、完訳間近な章も二つ。
そろそろ翻訳エントリを立てていくべき時期に来たようです。
これはマジに今月中に翻訳完了しますね。

集合知の凄さに乾杯!


問題は私が今週忙しさのピークで、週末まではあまり動けないこと。
明日は朝一でプレゼンだー
発表練習足りないよorz
posted by 黒影 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Introduction[0-11][0-12]

イントロの[0-11][0-12]を翻訳
[0-11]
Most Americans are not science-literate. One only has to look at the international studies of educational performance to see that U.S. students rank near the bottom in science and mathematics――hardly what one would expect if the schools were doing their job well. The most recent international mathematics study has reported, for instance, that U.S. students are well below the international level in problem solving, and the latest study of National Assessment of Educational Progress has found that despite some small recent gains, the average performance of 17-year-olds in 1986 remained substantially lower than it had been in 1969.
大部分のアメリカ人は、科学リテラシーを持たない。アメリカの生徒が科学と数学の成績で底辺に位置していることを確認するには、単に国際的な学力調査における成績を確認しさえすれば良い。これは学校がその職務を十分に遂行している場合に期待できる成果では全くない。例えば直近の国際的な数学調査では、アメリカの学生は問題解決能力において国際水準をはるかに下回っていた。そして教育発達度合いの全国評価に関する最近の研究成果は、わずかな項目で若干の成長が見られるものの、1986年の17歳の平均能力が1969年のそれをかなり下回り続けていることを発見した。

[0-12]
The United States should be able to do better. It is, after all, a prosperous nation that claims to value public education as the foundation of democracy. And it has deliberately staked its future well-being on its competence――even leadership――in science and technology. Surely it is reasonable, therefore, to expect this commitment to show up in the form of a modern, well-supported school system staffed by highly qualified teachers and administrators. And surely the curriculum in such schools should feature science, mathematics, and technology for all students. In fact, however, the situation existing in far too many states and school districts is quite different:
アメリカ合衆国は、現状を改善しなければならない。どのみち我が国は、民主主義の基盤として公教育を尊重すると断言する、豊かな国家である。そして我が国は科学技術分野における能力に(さらにはリーダーシップに)国家の将来の幸福を意図的に賭けている。従って、この注力が、現代的で確固とした基盤を持つ、高い能力を持つ教師と管理者が配置された学校システムの形で現れることに期待するのは当然のことである。そしてこのような学校のカリキュラムは、全ての生徒に対して確実に科学、数学、テクノロジーに主眼が置かれられなければならない。しかし実際には、あまりにも多くの州、学区においてまったく異なる状況が存在している。

commitmentとwell-supportedをちょいと意訳。
あとSurelyがやたらと出てきて、意味的には無視した方が日本語として通りが良かったのでそうした。
0−12が少し難しかったかな。
posted by 黒影 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

Introduction[0-4]〜[0-10]

とりあえず0-10まで翻訳完了。
できれば今日中に0-17まで翻訳を終えてしまいたい。続きを読む
posted by 黒影 at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SFAA翻訳プロジェクト、今週の進捗状況報告

SFAA翻訳プロジェクト、今週の進捗状況の報告。
sfaa0308.png
3/8日正午時点での進捗は、182/665です。
既に全体の4分の1を翻訳し終えており、グラフをご覧になればわかるとおり、このペースが保てるならおそらく3月20日〜25日あたりには翻訳が終了する計算になります。

というか私まだ3/665しか訳せてないよorz
いくら他にやることがあったからって、これは発起人としてあまりに恥ずかしい。
明日は気合い入れて頑張らないと。
posted by 黒影 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイコムの榎木さんから連絡がありました

sivadさん経由で、サイコムの榎木さんからメーリングリストでこのプロジェクトを紹介したいというありがたい申し出がありました。
早速プロジェクト紹介のコメントを書いて送ったので、近いうちに流れると思います。
いや、実は肝心のメーリングリストがどこにあるのか知らなかったりするんですけどね。

続きを読む
posted by 黒影 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(2) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

SFAAの文科省訳が手に入りそうな件

昨日の時点で進捗が67/665
今日の時点で89/665
この週末には確実に150位まで進みそうだ。

さて、本日すみださんから、SFAAの訳の事で文科省に問い合わせを行ったとメールで連絡を頂いた。
すみださんによると、文科省からの返事はこんな感じだったらしい。

1.文科省はAAASとの契約で、翻訳物の増刷や電子データの配布はできないことになっている。
2.翻訳物はすでにAAASに送付済みではあるが、現状どうなっているのかは分からない
#チェックなどで手間取っている可能性はある。
3.増刷できないので大量配布は無理だが、10冊程度であれば提供できる

1の翻訳物の扱いについての取り決めもこのプロジェクト的にはかなりきな臭いが、とりあえずこれについては置いておく。
注目すべき点は3で、10冊程度までであれば希望者に文科省のSFAA訳をできるとのこと。
私に対して送付先の住所を明かしてもらう必要があるが、あっちで希望者を募ってみるか。続きを読む
posted by 黒影 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

Science For All Americans:INTRODUCTION[0-1]-[0-3]翻訳

私がブログの用意をしている間にも皆ガンガン翻訳を開始しているので、私も負けじと翻訳開始。
私はイントロからスタートすることにします。
何だかんだでここが一番濃い部分だから気合を入れないと。
今回はまず[0-1]〜[0-3]まで。

続きを読む
posted by 黒影 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直まだまだ集合知の威力を見くびってたよ。

翻訳プロジェクトを立ち上げた時、ここまで勢いのあるプロジェクトになるとはさすがに予想していなかった。
十人も集まって一人一章体制で翻訳できれば御の字かなと思っていたのに。
正直まだまだ集合知の威力を見くびってたよ。
この分ならかなりあっさりと完訳まで漕ぎつけられそうだ。

さて、プロジェクト用のブログの整備も終わったことだから、私も翻訳に取り掛かるか。
私はイントロから始めることにしようかな。
posted by 黒影 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これも一つのWeb2.0

現在進行中のSFAA翻訳プロジェクトだが、
大勢の方が参加表明して下さったので、うまくいけば二月もかからずに完了しそうな塩梅。
それはいいのだが、私の予測以上に反響が大きかったので慌てて何とかプロジェクト用ブログを完成させた。
何事も最初が肝心。ここでつまづきたくはないからね。

今のところ滑り出しは順調。翻訳権の方も何とかなるといいな。
誰か文科省にコネを持っている人とか居らんだろーか。
私の人脈なんてたかが知れてるからなあ。
続きを読む
タグ:Web2.0
posted by 黒影 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

やっとSFAAの段落分けが終わった

先日から進めているSFAAの翻訳プロジェクトで、ようやく各章の段落分けとエントリのポストが完了した。

さっきカウントしてみたら、イントロプラス15章、計665段落だった。
翻訳プラス推敲にかける時間を一段落10〜20分とすると、ちょうど1人月程度の仕事量になるか。
毎日1時間ずつ一人でやろうと思ったら軽く半年はかかりそうだ。

さて、明日はプロジェクト参加者向けの作業手順とReadMeFirstをあっちにも作成するか。
私が本格的に翻訳作業にかかれるのは今週末辺りからかな。
くたびれたから今日はもう寝よう。
posted by 黒影 at 01:27| Comment(3) | TrackBack(0) | SFAA翻訳プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする